カラーアレルギーの最近のブログ記事

いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





注!原則として

一般に広く知られているカラーは

「パッチテスト」が必要です



花粉症のようにカラーの色素成分(ジアミン)が蓄積

突然カラーアレルギー発症になります



カラーアレルギーに一度なると

カラーができなくなるので要注意※
※同じ色素成分含有のカラー施術全般に言えますが
とりあえずアルカリカラーがほとんどの原因





・表面に被せる『ヘアマニキュア』


脱色作用は無く

キューティクルに入り込むタイプのカラー施術→デメリット「白髪しか染まった感じが分かりにくい」

頭皮ギリギリで塗布する→デメリット「根元2〜3mmが染まらない」

キューティクルの保湿成分を溶かして鮮やかな色が定着する→デメリット「乾燥毛に変わっていくため、色落ちが早い」

乾燥毛になることで少しだけ髪が茶髪(明るく)なる→デメリット「他の加工施術(パーマ他)と相性が悪い(ダメージや色落ち)」



お客様の髪質やヘアスタイルの条件によっては良い施術


人を選ぶため

当店では向いているお客様にしか

提案しないメニューです※
※最近流行りのマニックパニックなど
色鮮やかな市販商品にも配合されているため、要注意


















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





ウェブページ

  • img
Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカラーアレルギーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカラーやパーマなど、市販カラーとサロン施術の違いについて です。

次のカテゴリはシャンプー剤の選び方です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。