整髪料の使い方の最近のブログ記事

いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まずは艶について多い悩みを並べてみましょう


癖が強くて天使の輪(古っ!笑)がでない

傷みがひどくて艶が無くなった

乾燥毛で艶がでない

加齢でつやがなくなった


などなど、髪質によって色々な悩みがあります

では艶を出したい時はどうしたら良いか?

理屈はシンプルです

艶=光の反射、つまり髪の表面を光が反射すれば良いのです


しかし髪の表面が凸凹だと光は乱反射してしまいます

髪の表面をたいらにしておけば綺麗な反射=艶が出ます



例えば

アイロンやブローで髪の面を整える(服のアイロンがけと同じ理屈)

トリートメントや整髪料で面を整える(家具などの傷を補修するのと同じ理屈)

炭酸水やヘナ、カラーやパーマで一時的に面を整える(化学反応で収縮や膨張を利用)
         ※使い古した紐が新品のように引き締まり、膨潤は風船のように膨らむイメージ         
                                 
                          などです


整髪料で艶を出す場合は髪一本一本を覆うくらいの量が必要です

髪の重さもその分重くなるため軽く柔らかいスタイルには向きませんが

髪を固める短髪のジェルや、アップスタイルには向いています


軽いスタイルで艶を出したい場合は      
       整髪料以外の方法が一番おすすめです


※一部の整髪料は使用方法により軽いスタイルでも艶を出しやすくします















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち整髪料の使い方カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは撮影などの話です。

次のカテゴリは正しいシャンプー方法です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。