2019年9月アーカイブ

いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






画像加工や撮影の仕方にダメ出ししているわけではありません


より良く見せるのも、必要な事なので


ただ、普段とのギャップ差があり過ぎるよりは

あまり無い方が良い



盛るのではなく

ポテンシャルをきちんと出す(姿勢を良くする

顔の角度を考える

顔の露出面積や光の当たり方など)方が重要です



ナルシルトではなく、上手い魅せ方を知る事です



普段気をつけていれば見た目が向上するので

やった方がお得という話です




もちろんイベントで普段とは違う自分を作るなら

盛るのは必要ですね



美容室で証明写真を撮るなら多少盛ってもらうのも良いと思いますが

日常の生活とのギャップ差が出ないようにするなら

自分でスタイリングできるように仕上げてもらいましょう




美容室のヘアスタイル画像は

印象が残るように作られてます



そのため「この美容室に行けばこんなスタイルになる!」

と意気込んで行ったら

なんか納得いかないという事も多いのではないでしょうか?



ネット検索で良くある

首を傾げている画像は要注意です



そういうヘアスタイルほど、首を元に戻したら髪が纏まらない可能性が高いので 苦笑












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




先日久しぶりに明るい話として、ノーベル賞のニュースがありました
注!一年前のLINE配信のため、話題は昨年です


団塊の世代、流石です!


ちなみにこの間「東大のレベルが非常に低い」

という話をTV(動画?)で観ました



確か林先生の番組だったと思います


東大の合格人数は変わっていないのに

受験者数が減っているため

団塊の世代に比べると中身がスカスカだそうです 驚



もちろん現役東大生の中には

団塊の世代に負けないくらいの人もいると思います



ただ、今のノーベル賞に関わる方達のような功績を残せる日本人が

これからの研究者にどのくらいいるのか?


30年後の日本には、あまり多くないかもしれません




これは美容業会も同じです


やはり、人数が多かった時と比べて

本当に上手い人は少ないと思います



美容師(や美容に関わる他のプロ)が認める上手い人と

お客様評価が高い人は必ずしも一致しません



美容師でも技術に優れている人は

大体は口下手な職人タイプで男性が多い



極稀に接客が上手い人もいますが

接客上手いのはほとんど女性美容師




これからの時代はSNS映え

画像加工に騙されないようにしないとですね 苦笑










過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







「◯cmカット」の難しさ まとめ




認識のギャップ、いかがでしたか?


◯cm切りたいという要望の伝わりづらさ

多少ご理解いただけたかと思います



カットする側も「どのくらいの意味での◯cmだろう?」

と様子を見ながら確認します


常連のお客様は、髪の伸びる具合や様子である程度アタリをつけます



言葉で説明するのが難しい場合

オススメは画像を参考にする事です



気に入っている髪型の画像か

自撮りの画像を持参しましょう


その際に「この画像のここが気に入っている」

と説明できると最高です



「同じ画像を見ても、違うところを見ている」

そういうのは良くある事ですから



もちろんこちらからも提案致します

少しずつより良いヘアスタイルに出来るよう、何かご要望があればご相談下さい




最後に

1回では伝わり切らない、もしくは以前の美容師が切った跡が残っている場合

2〜3回同じところに通えば、だいたい自分好みのスタイルになっていきます

私はかなり細かく聞きますが、もどかしい場合は「おまかせで!」が一番

頑張ってカットします!

その代わり、クレームは無しで! 笑







過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







美容師は割と感覚派がなりたい職業なので

「◯cm切りたい」という注文は

大まかにとらえる方が多いかもしれません



その辺りが細かい美容師もいるんですが←私?



「お客様側と美容師側で感覚のズレがあったら、どうしようもない」

「説明しても分からないなら面倒だ」


そう思った方も多いと思います


ですが、最近はスマホのおかげでかなり便利になりました



仕上がりの画像を撮影しておけば

いつの頃の髪型が気に入っているかを確認できます



前回のカットが良ければ

その時の画像を確認してほぼ同じスタイルを作れます



もちろん最低限、会話での確認は必要ですが

かなり認識のズレを減らせます




そこで当店ではできるだけ仕上げ写真を撮影します



施術レシピと画像を残しておくと

髪の状態変化も記録できるため

病院のカルテ(レントゲン?)的な役割にもなります



ただ、忙しかったり話をしていて撮り忘れることもw


そんな時は席を立つ前に「あれ、写真撮らないの?」

とお声がけ頂ければ喜びます笑



撮りたくないと嫌がる方もいらっしゃいますが

可能な範囲で撮影できると、お客様のご満足にも繋がります










過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





前回に載せたようにお客様の認識もそれぞれ


「伸ばしたい、切りたい、量が多い、毛先が傷んでいる」


その時の感情によって、切りたい「cm」の尺が変わるんです


切りたくない時は3cm切りたいと言っていても

3cmが2.5cmくらいの長さ感覚に


切りたい時は、3cmが4cmくらいの長さ感覚になっている場合も


そもそも、正確な長さ感覚を持っている方が珍しいんですが苦笑
(ちなみに私は目盛り付きの道具を使います)




また

「鏡越しだと、髪の長さを誤認しやすい」

という理由もあります



理由は単純に、鏡で見た髪の長さは距離感が狂うからです



ピンと来ない方は直接手元を見ずに鏡越しで

「◯cmはこれくらい」

と手や指で測ってみて下さい



これが正確にできる場合は

相当普段から細かい長さを測り慣れている

または距離感覚がもともと凄いですね!




「cm」の尺感覚はかなりズレやすいのがお分かりいただけたでしょうか?



尺感覚のズレは

お客様だけではなく美容師にももちろんあります



この感覚がもともと曖昧な美容師の場合は

デザイン思考でバランスを取る感覚派が多いですね











過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







髪の成長速度は、年齢とともに衰えていきます


下記はひと月の平均速度です

20〜40代は1.5cm弱

50〜60代は1.2cmほど

70歳に入るときは1cm

80台半ばまで来ると0.7cm


これはカラーを定期的にしている方を参考にしています

もちろん個人差があります



20代で、ひと月0.5cm伸びる方もいました

3ヶ月で左右の長さが1.5cm以上違うお客様

10代で2cm近く伸びる学生

このような方々は少数派ですが、髪の伸びる速さは色々だと分かります




病気で髪の状態や成長速度が変わる方

加齢とともに頭頂部の成長速度が襟足の7割くらいになる方

もちろん他にも、様々な理由で成長速度は変わります



つまり


「髪の成長速度は変化していく」


ということです※
※目に見えて短期間で急激に変わることはほぼありません




髪の成長速度を意識的に測っている一般の方はあまりいません

そのためどのくらい伸びたかの判断は

分かりやすい体のパーツ(位置)でしている方がほとんど

眉、目、耳、襟足、肩、鎖骨etc.


他には量感(重さ)などで判断する方もいますね











過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








今回はお客様と美容師の認識の違いについてです


この間配信したカラーの話の中で「髪は伸びる速さが違う」と載せました


それはもちろんカットの際にも言える話です


カットしてからの期間が長いほど、髪のバラツキは広がります


つまり

「勢いよく伸びている毛髪

ゆっくり伸びている毛髪

成長が止まり抜けるのを待っている毛髪」

の差のことです



これは髪全体に満遍なく起きていますが

稀に左右の毛髪の伸びが明らかに分かるくらい違う方がいます


遺伝や血流、様々な要因があるので原因は特定しづらいのですが、、、





「伸びた長さをカットしたい」


そういうオーダーをするお客様は非常に多いんですが

心当たりはありますか?


長く伸ばしたい方は、一番成長が遅そうな所を意識して

「◯cm切りたい」と言います


伸びるのが煩わしく感じている方は

一番成長が早い所を意識します


もちろん、カットサイクルが短ければこの誤差は微々たるものです


ですがカットして3ヶ月も経つと、この差が非常に大きい


ちなみに、生涯で平均して伸びる髪の長さは、1.3cmに届くかどうか?












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp






ウェブページ

  • img
Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。