2019年3月アーカイブ

いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






「年配層の方は青い色が認識しづらくなっていく」



年齢とともに、老化は進行していきます


眼はその影響が分かりやすい最たるものですね


色を識別する眼球内の細胞組織を

「錐体(すいたい)細胞」

と言います



錐体細胞の青い色を知覚する組織の割合は5%ほど


これが50代を超えると徐々に知覚しづらくなっていきます


つまり青い色が視えなくなっていきます


70、80代の方が紺色の服を視て

紺色とは認識できません


具体的にどう視えているか分かりませんが

若い世代とは色の感覚がズレると言われています



そのため、服や髪の色、似合わせは年齢とともにズレていきます


具体的な例を挙げると

良く紫色の髪色(真紫ではなくラベンダー寄り)にしている

ご年配をご覧になったことがあると思います



実は、染めている本人は

青紫(の青の色味)があまり良く視えていません


つまり、薄まった淡い青味と白髪の淡い黄色

かなり薄めの赤味が混ざった状態


光が透過して、すごくきれいな

「白銀の白髪」に近い色へ視えているそうです


昔はファンキーなおばあちゃんと思ってました笑












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







「ドライヤーと自然乾燥の真実」まとめ



主に自然乾燥の内容について載せましたが

いかがでしたか?



以前にも関連する内容を載せているので

そちらの覚えがある方は割とすんなりご理解いただけたかな?と



自然乾燥とドライヤーはどちらが髪に良いのか?



ご自分と向き合える方は

自然乾燥とドライヤーを上手くご利用いただくのが一番です



髪に対してそこまで意識や時間を割けない方は

ドライヤーがオススメです



もちろんドライヤーの中には

髪の熱ダメージになりにくいものがあります



以前も当店でオススメした遠赤外線のドライヤーですが

余裕のある方はぜひ使ってみてください



長期間使わないと

こういう商品の良さは分かりづらいのですが、ピカイチです



また、ドライヤーの他にも

髪に着ける洗い流さないトリートメントなどで

ダメージを出しにくくできます



ですが、シャンプー、トリートメント、タオルドライがきちんと出来るほうが重要です



何でもそうですが、基礎がしっかりしていないと結果は伴いません




「自然乾燥」「ドライヤー」を使いこなすには

それに至るまでの下準備をきちんと理解、実践しましょう












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







シャンプーをして濯いだ後

毛髪には保湿成分が残るようにできています


必要があればリンスやコンディショナー、トリートメントなどでさらに保湿成分を補います



料理でいうなら、熱が均一に入るように調理油をきちんと使うのと同じ


傷んで乾きやすくなった部分を

保湿成分を補うことで乾きづらくします


必要な部分へ必要な量のトリートメント類を着けることができれば、乾かし過ぎを防ぎます


まあ、その下処理が難しいんですがw


特にセルフカラーは、ムラ染めになっている方が多いのですが

ムラになっている分だけ傷み具合がバラバラです


つまり、セルフカラーはホームケアが格段に難しくなります


乾かし過ぎる部分も増えるので

相乗効果でパサパサになりやすいんですね



カラーによる傷みにくさは

セルフカラー<低料金カラー専門店<美容室※
※あくまで一般的な基準なため、美容室でもピンキリ


できるだけ美容室でのきちんとしたカラーをオススメします



トリートメント類の均一な着け方

ドライヤーの乾かし方はヘアスタイルによって様々



そのため、乾かし方については個別に応えさせていただいています











過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







汗をかくことが悪いとは言いませんが

普通は汗をかかない方が生命維持の観点からは重要ということです



動物の毛並みが良い理由は

適度な水浴びや砂(泥)浴びで表面の汚れを落としながら

消毒、皮脂成分を残しているからです



肌や毛髪がアルカリ性に偏ると

空気中の嫌気(アルカリ)性細菌(いわゆる雑菌)が

繁殖しやすくなり皮膚トラブルになります



カビと同じで、アルカリ性に偏った肌や毛髪は

濡れて無ければ雑菌は繁殖しません



ドライヤーでしっかり乾かせば、問題ない話です



ただ、自然乾燥したければ

アルカリ性に偏るような洗浄剤や毛髪加工

汗を大量にかく状態にしないのが条件です




ここまでの話だと、ドライヤーが一番無難だと

ご理解いただけたかと思います

ただ、ドライヤーにもデメリットがあります



それは料理の火加減と一緒で

髪の乾き具合で微調整が必要だからです



髪は傷んでいるほど、水分吸収量が変わります


乾燥スピードも速くなり、根元から毛先まで傷んでいる状態が違うことで

均一に乾かすことがどんどん難しくなっていきます



そうなると、乾かし過ぎる部分がよりハイダメージになります











過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








自然乾燥と汗問題



前々回の最後に汗をかきすぎる場合は

自然乾燥に向かないと載せました


大量に汗をかく体質や、常に運動して滝のような汗をかく方は

汗がアルカリ性に偏ります※
※汗は血液(アルカリ性)が濾過されて排出されている



普段あまり汗をかかない場合は

肌の皮脂膜が酸性なので

皮脂膜と混ざりあいアルカリ性にまで偏りません



汗の量や皮脂膜の酸性具合にもよりますが

汗をかいても酸性〜弱酸性が肌にとって良い状態です



しかし、洗浄剤で皮脂膜を取り除いた上に汗を大量にかくと

肌や毛髪が弱アルカリ性まで偏ります



そうすると毛髪のイオンバランスは崩れて

キューティクルが開いたままになります



汗の水分をアルカリ性に偏った毛髪が吸い込み膨張

キューティクルささくれ状態が

自然乾燥では収まりづらいまま維持されます


汗をかくのはデトックスに良いと言われます


ですが、そもそもデトックスしないと

身体に支障が出るほど余計な栄養を摂っているのが問題です



自然界にいる生物(主に哺乳類)は

基本的に水飲み場が捕食される恐れの危険な場所


なのでできるだけ汗をかかないような体の仕組みです






過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








洗髪時にシャンプーなどの洗浄剤を使わない

髪の加工をしていない毛髪



つまり、自然乾燥に向くのは

ぬるめの湯シャンを続けている素髪※の方が対象になります
※当店では加工しない洗浄剤不使用の場合のみ『素髪』と言います



文明社会に生きている現代人は

ニオイの元となる皮脂を洗い流す必要性が高く※

自然乾燥はあまり向きません
※スメルハラスメント問題



ただ、ニオイが出にくい食生活や生活環境なら

皮脂を落とさない方が健康的な生活※を送れます
※免疫力などに関しては段違いです



もちろん不潔にするのと、洗わないのは違います



身体に問題が出ないように、表面の皮脂は定期的に洗い流すべきです


湯シャンは、自身にしっかり向き合える

自己管理ができるタイプの方に向くやり方です



慣れるまでは非常に時間がかかりますが

慣れてしまうと毎日しっかり洗浄剤で洗うよりも

快適な上に時短※と健康的になります
※男女個人差はありますが
スキンケアやドライヤー含めて一日5〜20分以上短縮できます



代謝が衰えてくるタイミングや

髪の加工をしたくないタイミングだと導入しやすいでしょう












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







自然乾燥の条件について説明します



◯毛髪が傷んでいない

毛髪は傷んだ状態だと、ひどくなったささくれみたいに

キューティクルが開いたままになっています


これはイオン電子
(下敷きをこすって髪の毛を逆立てる現象に関連)
など他も関わる話ですが、、、



髪は弱酸性やシャンプー剤のアルカリ性なども

イオン電子が関わっていると覚えておきましょう



平たくいうと程度の差こそあれ

乾いていても濡れていても傷んでいるキューティクルは開いたままです


そのため、自然乾燥には適さない状態なんです




○髪を加工していない、洗髪(洗剤)剤を使わない

毛髪の表面には、皮脂膜がスムーズに覆われていく仕組みになっています


毛髪を保護する仕組みのキーは「ある脂質成分」です


それが髪の加工、または日々の洗髪で無くなってしまいます


その脂質を道しるべに、毛穴の皮脂が毛髪全体を覆うまで

とても時間がかかり、傷みやすくなります



また、皮脂膜が髪を弱酸性にしているため

皮脂膜がない毛髪はアルカリ性に偏り※キューティクルが開いた状態のまま
※汗を大量にかくのも自然乾燥には良くありません











過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




自然乾燥とドライヤー、どちらが髪を傷めてしまうのか

良くヘアケア関連のコラムニュースで話題になります


色々な意見がありますが、私見を載せます




まず、コラムの争点となるのは

どちらが傷みやすいのか、です



大抵の場合、どちらも傷む理由は

「キューティクルが荒れる」から


もちろん他にもありますが、まずはそこから




水分を含むと余計な水分を気化させるために

キューティクルが開きます


ささくれのような開いたキューティクルが

隣り合う毛髪と摩擦を生み、ダメージになります


閉じればダメージに繋がりません


また、濡れたまま枕などで摩擦を起こさなければ、傷みません


つまり余計な水分を無くせば傷みません


実は、自然乾燥でもドライヤーで乾かしても

毛髪を傷めない方法は、それぞれ条件付きですがあります


まあ、できればドライヤーで乾かす方が無難ですが笑




髪を傷めないで乾かす条件


○自然乾燥

傷んでいない毛髪
カラーやパーマetc.髪を加工していない
シャンプーなど洗髪剤を使っていない


◯ドライヤー

正しい洗髪方法と乾かし方ができていること












過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







お内裏様の帽子、冠(かんむり)と言いますが

烏帽子(えぼし)とは違います


「お内裏様」は天皇の事


ひな祭りの人形が流行りだしたのは江戸時代なので

時代的に烏帽子という勘違いの認識が広まりました


織田信長の有名な肖像画に描かれている

髷の形が平安時代からの髪型です



「冠」という軽い帽子の内側に紐があり

その紐を髷に結んで固定しています





お雛様には2種類の髪型


江戸後期に流行った「おすべらかし※」という髪型で

現代でも「お雛様と言ったらコレ」と言うくらい有名です
※現在の皇室行事(ご成婚など)でも用いられる
ふっくら丸い、後ろでひとまとめにする髪型


もう一つは「古典下げ髪(または、割り毛)※」

という髪型で気品あるタイプです...かぐや姫調?
※日本古来(平安時代以降)に誕生した
江戸、明治時代に多く作られたお雛様



え?な豆知識
「お内裏様とお雛様を、お殿様とお姫様だと勘違い」

お内裏様は現代の言い回しに近づけると「天皇両陛下」で、天皇と皇后を分けていません

お雛様は本来二人で一組の総称で、別に呼ぶ場合は「男雛と女雛」と言います 驚







過去のブログをご覧いただけるようにまとめております








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp





ウェブページ

  • img
Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

次のアーカイブは2019年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。