青梅の美容室で縮毛矯正なら「L'ange de Fuji」 カラーやパーマなど、市販カラーとサロン施術の違いについて④

いつもブログを見て頂きありがとうございます!

東青梅駅南口徒歩5分
「 L'ange de Fuji 」です。

本日も仕事や講習、プライベートをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





「サロンカラー薬剤の特徴」



サロンカラーは市販品と比べて

髪に薬剤を浸透させる成分(アルカリ性)が

短時間で効果が切れやすくできています
※揮発しやすいため髪に残留しない




つまり、料理の火加減で例えるなら


「短時間で「余熱」に切り替わり、徐々に冷めていく」


ようなものです





温まる状態は


「物が膨潤(膨らむ)して柔らかくなり

物理的に傷つきやすい状態」


これは髪が濡れていても同じこと(膨潤)が言えます





「濡れている髪を必ず乾かしてください」


と美容師から耳たこに言われるのはこのためです 笑





カラーをした後は


髪が乾いていても傷つきやすい状態が3〜4日続くため


出来るだけカラー剤の影響が


少ないサロンカラーが良いということです




もちろん様々な種類のカラー剤があるため


一概には言えませんが一般的なカラー剤の仕組みとしては


サロンカラーと市販品にはテーマ内で述べた髪に対する違いがあります






•薬剤の特徴、違いの要点



市販品→傷みやすい(脆い)状態が長く続き、色落ち(ギャップ)が激しい


サロンカラー→市販品に比べ、傷みやすい状態が短く、色保ちが良い




















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

縮毛矯正やカラー、明るい白髪染め

パーマスタイルは 「L'ange de Fuji 」にお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせは

TEL 0428-24-2881 mobile 090-5449-8834
MAIL lange-de-fuji@docomo.ne.jp

このブログ記事について

このページは、lange-de-fujiが2018年4月14日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青梅の美容室で縮毛矯正なら「L'ange de Fuji」 カラーやパーマなど、市販カラーとサロン施術の違いについて③」です。

次のブログ記事は「青梅の美容室で縮毛矯正なら「L'ange de Fuji」 カラーやパーマなど、市販カラーとサロン施術の違いについて⑤」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。